page contents

海外の興味深い記事を集めてみた

海外の驚きの記事を集めてみました

【真相究明】「次元を異動する重要参考人」の映像は本物か?!

 

◆短い動画です。映画のシーンのようにも見えますが、ドキュメンタリーのように記録している映像のようにも見えます。

刑事と思われる複数の人物が参考人?を追っています。追いつめますが突然その人物が消えてしまいます。

人が消えた直後に画面が乱れてビデオのカウンターが1分17秒戻ります。当初このことから単なる特撮ものかと思っていましたが、以下の3点が気になりました

①カウンターが戻るのは消えた瞬間ではないこと

②戻ったカウンターの数値がそれまでの撮影のものと重複していること

③もし映画などの撮影であれば、存在しているシーンと消えるシーンはその場で連続して撮影するのでカウンターがほぼ連続しているはずであること

このように不可解な点が残ります また人物が消えるときに周りの人たちが呆気にとられているのも何か印象的です 

現実的に人がこのような場面に遭遇した場合、案外口をあんぐりと開けてかえって騒いだりしないものなのかも知れません 

いずれにしてもこの動画からは真偽の判断ができるようなものはありません ネットにもこの動画の情報を見つけることができませんでした また何か判断できる情報が見つかったときはここに書き込みたいと思います

 

 


 

 

【真相究明】1943年に本物のマンモスが撮影されていた!!【本物か偽物か?】

f:id:mirai238:20201016070239p:plain

f:id:mirai238:20201016070508p:plain

【訳】本物のマンモスの目撃映像がテープに記録されました!(1943年、シベリア、サハ共和国ヤクーツク市)第二次世界大戦スターリングラード攻防戦が終了した後、ナチ党のメンバーであり、NSDAPの公式写真家であるホルガー・ヒルデブランドは、スターリングラード攻防戦赤軍に捕らえられました。彼と他の何千人ものドイツ国防軍兵士は後にシベリアへの捕虜収容所に送られた。この映像は、それまでの間に撮影されたと思われます。(ヒルデブランドは1945年後半にソビエト強制労働収容所で死亡したと考えられています。彼の孫娘は、彼の死後数十年後にロシアからドイツに持ち物が返還されたときに映像を所有するようになりました。)

 

 

 

◆雪の降る中、食料を探すマンモスの悠然とした姿...これが本物のマンモスか!?

本物なら世紀の大発見ではないのか? などと思ってしまいます。

調べてみると、シベリアで生き残っていても不思議ではない、という意見も多くあり、フィルムの印象が本物らしいことから、作り物には見えないように感じられました。

しかしながら、他のサイトなどの意見の中に、

「英国BBC放送のWalking with Beasts Mammoth Journeyという番組のCGを加工した偽物だ!」という意見が見つかりました。

そこで早速検索してみると、下の動画が見つかりました

確かにBBCがWalking with Beasts Mammoth Journeyという番組を制作しています

2001年12月10日に放送されたとのことです。

 

 

 

◆この動画の1:05のところに問題の映像がありました。

 

f:id:mirai238:20201016073725j:plain

 

◆矢印の部分を左右反転して白黒にし、ズームアップすると確かに同一の映像になるように思われます。

 真相究明の為比較動画を作りました

どうぞご覧ください。

 

 

 ◆ご覧いただいたとおり、BBCのCG映像を加工したものと思われます。

しかし、ネットの意見の中には「本物が存在するとこれまでの学説がひっくり返るため、真相の隠ぺいの為に意図的にCG映像に入れ込んだものだ。」という"陰謀論"も飛び出すほど熱い議論となっています。

真偽は皆様自身のご判断にお任せします。

 

 

 


 

 

【真相究明】タイ・カオカナップナム洞窟の巨人の骨

f:id:mirai238:20201009220739p:plain

f:id:mirai238:20201009220823j:plain

f:id:mirai238:20201009220839p:plain

2018年11月6日

タイのカオカナップナムの洞窟で見つかった巨大な人型の骨格に関する興味深いニュースレポート。

このレポートの興味深い点は、ニュースセグメントが、クラビのタイビエンナーレで展示された巨大な人間とヘビの骨格を特徴とする台湾のクリエイターによる最近のアートワークからの写真を引用していることですが、その事実を指摘することはできませんアウト...なぜ?

台湾のアーティスト、Tu Wei-chengは、最初のタイビエンナーレのために作成したレプリカの掘り出し物の巨人のプラスチック製の骨格の横で微笑んでいます。(下の写真)

 

f:id:mirai238:20201009221311p:plain

f:id:mirai238:20201009221557p:plain


そこの部分で間違いだとは思いませんが、作品が全く作品ではなく、本物の遺物である可能性があります。


これが本当なら、カバーストーリーは明らかに考案されたものであり、それが彼らがアートワーク作品を思いついた方法です。これは、現代の歴史の中でおそらく最も重要な発見の1つを隠すためのカバーです。

40年代初頭から50年代にかけて、UFO目撃情報のカバーストーリーは湿地ガス、気球などになり、ケネディ暗殺直後のCIAは、公式ストーリーに疑問を呈した人を嘲笑するために陰謀論者というフレーズを作り出しました。

 

フェイクニュースがインターネットに反乱しているため、何かについての真実を見つけるのが難しくなっているので、この興味深い記事が実際に根拠があるかどうかをご判断下さい。

 

 

◆真相はタイビエンナーレというイベントに台湾の国際的アーティストが作ったもののようです。

しかし、記事の中にあるように本物の遺物に基づいて作成されたものという可能性も否定できません。

確かに世界各地で発掘されている巨人の骨格化石などはほとんどが画像処理によるフェイクだという人もいます。

しかしながら全てが偽物であると証明されているものではありません。

日本でも2008年6月の岩手・宮城内陸地震の際、がけ崩れの現場を生中継しているヘリの捉えた映像が有名ですね。

 

f:id:mirai238:20201009224925p:plain

 

◆さて、今回はアーティストによる芸術作品というオチでした。

今後また本物のニュースが観れると嬉しいですね。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リングフィット アドベンチャー
価格:8778円(税込、送料無料) (2020/10/9時点)


 

【真相究明】クレムリンを訪問した身長10フィートの女性エイリアン


f:id:mirai238:20201008102517p:plain

f:id:mirai238:20201008103249p:plain

 

December 12, 2019 Articles The following video made a sensation on the internet as soon as it was posted. In the video below you will see how two extremely tall women (10 feet tall) pass through the back entrance of the Kremlin. At first glance, you could say that these women wear some kind of leg extensions, but at a closer look, it is quite clear that these extensions do not exist.

Original Source: https://trueblog.net/recording-of-two-10-feet-tall-nordic-alien-females-in-russia-2489/

 

(訳)2019年12月12日記事次のビデオは、投稿されるとすぐにインターネット上でセンセーションを巻き起こしました。 下のビデオでは、2人の非常に背の高い女性(身長10フィート)がクレムリンの裏口をどのように通過するかを見ることができます。 一見、これらの女性はある種のレッグエクステンションを着用していると言えますが、よく見ると、これらのエクステンションが存在しないことは明らかです。

 

元のソース:https://trueblog.net/recording-of-two-10-feet-tall-nordic-alien-females-in-russia-2489/
2019-Nen 12 tsuki 12-nichi kiji-ji no bideo wa, tōkō sa reruto sugu ni intānetto-jō de sensēshon o makiokoshimashita. Shita no bideode wa, 2-ri no hijō ni senotakai josei (shinchō 10 fīto) ga Kuremurin no uraguchi o dono yō ni tsūka suru ka o miru koto ga

 

 

◆10フィートは3.048メートルですので本当だとすれば世界一の高身長女性でしょう

ブログや動画ではエイリアンと決めつけていますが、調べてみると真相はTitchenko姉妹という二人とも2mを超す高身長の姉妹モデルでした

しかしちょっと見ると驚きますね 本物以上にエイリアンっぽいかも?

 

f:id:mirai238:20201008105025j:plain

f:id:mirai238:20201008105057j:plain

 

◆来日してテレビ番組にも出演していたようです (-_-;)

 

 


 

ミステリーサークルの真下に埋まっていた金・銀・ブロンズのプレート

f:id:mirai238:20200815132542j:plain

 

f:id:mirai238:20200815131256p:plain

 
 
ミステリーサークルに関してこれは本当に驚くべきケースです。それらはかなり長い間、地球全体に出現してきました。メディアによって公式に認められた最初のミステリーサークルは、1980年にイギリスのウィルトシャーにあるウェストベリーホワイトホースで見られました。しかし、1978年には5人組の写真、そしてもちろん60年代後半にオーストラリアで有名な「UFO巣」の写真がありました。最近のミステリーサークルの研究は困惑しており、綿密な調査の結果、ミステリーサークル内に埋め込まれたアーティファクトが見つかりました。問題のミステリーサークルは、1991年7月23日にジョギング中の人によって早朝に発見されました。これは最大かつ最も複雑なドイツのピクトグラムです。それは5,000平方メートル(6,000平方ヤード)の面積をカバーし、7つのシンボルと13の円で構成されていました。
 

f:id:mirai238:20200815132049j:plain

プレートは赤い丸の場所にそれぞれ埋まっていました
 

f:id:mirai238:20200815132529j:plain

ミステリーサークルを詳しく調べたところ、研究者の1人が地中に埋め込まれた3つのプレートを見つけました。ブロンズ、シルバー、および1つのゴールドプレートです。「プレート1(銀色)は主に非常に純粋な銀で構成され、追加の成分は0.1%未満でした。プレートの重量は4.98kg(11ポンド)でした。プレート2(ブロンズ色)は、銅-スズ合金(スズの含有量は10%〜15%)、ニッケル、および微量の鉄(0.1%未満)で構成されていました。驚くべきことに、これは銀のプレートが99.9%の純銀で構成されていることを意味し、純銀よりも純粋です!。さらに、両方のプレートの分光分析により、キャストからではなく、グラスドルフからそれほど遠くない、ドイツのハルツの森で見つかった種類の銀ナゲットと天然の銅とスズの断片の集塊から作られたことが判明しました。それらは、金属を部分的に溶かす程度まで加熱することによって、または低重力環境のいずれかで製造されていました。
 

 

f:id:mirai238:20200815133005p:plain

 

 

◆金のプレートに関する情報が書かれていません (-_-;)

 動画には金ぴかの大きなプレートが出てきますね

 純金だとしたら一体いくらになるんでしょぅか!?

   何となくイソップ童話を思い出しました 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット
価格:39556円(税込、送料無料) (2020/10/8時点)

楽天で購入