page contents

海外の興味深い記事を集めてみた

海外の驚きの記事を集めてみました

これは何?! ちょっと怖いんだけど!

screenshot of https://www.disclose.tv/venomous-and-rare-blue-dragons-sighted-at-texas-beaches-400573

出典

https://www.disclose.tv/venomous-and-rare-blue-dragons-sighted-at-texas-beaches-400573

 

テキサスの海岸で猛毒で珍しい「ブルー・ドラゴン」が目撃される

米国のビーチでの目撃情報が原因不明の急増
テキサスのビーチで発見されるブルードラゴンナメクジ(Glaucus atlanticus)の数が著しく増加しています。

数は過去50年と比較して2020年には前例のないほど増加しており、海洋生物学者も明らかな理由を見つけることができません。


1777年に発見されたこの鮮やかな青色のネオン色の生物は、他の腹足類(基本的には海産ナメクジ)と並んで「グラウシ科」に分類されていた。しかし、いくつかのことが地球上で発見されたほとんどの動物と比較して、これらの生き物を非常に珍しいものにしています。

個体は雄でも雌でもなく、交尾が発生したときに受精卵を生成します。最も驚異的なのは、他の生物の刺す細胞を吸収し、それを彼らの固有の毒と組み合わせて、海で発見される最悪の防御機構で、重度の吐き気、生命を脅かす可能性のある発熱、および影響を受けた人間の呼吸器系の問題を引き起こします。

稀ではありますが、この生物は通常インドとペルーの周辺海域で発見されます。両地域の前身文化ではターコイズ、ヒスイ、ブルートパーズの装飾品が好まれていたことから、古代にはブルー・ドラゴンは非常に珍重され、神聖なものとして崇められていた可能性が高いと考えられます。

ブルー・ドラゴンは非常に稀な存在ですが、出現した場合には大量に出現する傾向があります。生物学的分析において、社会的行動や個体間のコミュニケーションについての洞察はほとんど得られていない現状です。これはおそらくコミュニケーションが人間に知られている五感以外の手段によって達成されていることを示しており、前触手の役割その他は今日まで不明のままである。飼育下では長くは生きられないことが多い。

 

◆見れば見るほど不思議な生き物ですね

毒も強いそうなので実際に海辺では出会いたくありません...